お知らせ

マンモグラフィー専用撮影室が完成
平成20年10月、マンモグラフィー専用撮影室が完成しました。


マンモグラフィー装置

マンモグラフィーとは
 乳がんを診断する検査方法のひとつで
 乳房を圧迫板にて圧迫し、所定の厚みになったところで
 通常、左右それぞれ撮影方向を変えて2枚ずつ、合計4枚エックス線撮影します。

マンモグラフィー撮影認定診療放射線技師
  乳がん検診には欠かせないマンモグラフィーの専門教育を受け、
 教育研修や評価認定機関である「マンモグラフィー検診精度管理中央委員会」に於いて
 「マンモグラフィー撮影診療放射線技師A評価認定」を取得しています。
  常に撮影機器や画像の精度を精密に管理し、撮影方法に関する技術的判断を
 担当しています。

 川島健 マンモグラフィー撮影A認定診療放射線技師